2007年06月23日

ビーズマスコット「モチーフ12」

ビーズマスコットを作るのはそんなに難しい事ではありません。
でも市販のレシピ本を見ると「難しい」と感じてしまう事が多い様です。
ビーズマスコットを自由自在に作るには「モチーフ」を理解する事が早道です。
全てのレシピはこのモチーフの基礎を知れば簡単に読み取れるはずです。
貴方もオリジナル作品に挑戦しませんか?
ビーズモチーフのおべんきょう<その12>です。

これまでのMENU 「 順番に見てね! 」
 1回目 モチーフを知る
 2回目 モチーフの繋げ方の基本
 3回目 モチーフを繋げる
 4回目 モチーフの三角関係
 5回目 モチーフ一周の初めと終り
 6回目 モチーフのテグスの運び
 7回目 モチーフのテグスの運び2
 8回目 モチーフの組み合わせ
 9回目 モチーフ2段目の基礎
10回目 モチーフの広げ方
11回目 モチーフの狭め方

今日はその12回目テーマは 「 モチーフのテグスの運び3 」です。

基礎モチーフA(六角形)の6個のビーズ(グレー)は、その周りを一周する一段目を作る時
全てが左テグスですくわれ、新たに作ったモチーフの一部となる
事が分りました。
それと同じ様に、二段目を作る時にも二段目の基礎となるビーズ(半分が白)があり、それらを左テグスですくいながら進めば、二段目で新たに作るモチーフの一部となる事が分ります。

以前 6回目 テグスの運び7回目 テグスの運び2 では 基礎モチーフA(六角形)一段目モチーフB〜G(六角形)を見本に おべんきょう しましたが、
今回は 基礎モチーフA(六角形)一段目モチーフB〜G(五角形) とした場合の二段目について おべんきょう します。
「テグスの運び3」は「テグスの運び2」の続きではありませんので注意しましょう!

この「モチーフのかたまり」の場合。
(基礎モチーフA=六角形・一段目B〜G=五角形)
二段目の基礎となるビーズ(半分白)は12個です。
この12個二段目の基礎として五角形モチーフH〜Mを繋げます。

bemo6-5rcns.jpg
一段目が完成した状態では24個のビーズを使用しました。
そのうち二段目の基礎となるビーズ(半分白)は12個です。

bemo6-550yrncam.jpg
二段目の作成説明図

先ずは二段目の周り始めの 「 最初のモチーフHから作ります。

11. 左テグスでビーズ(8)を 1個 すくいます。
  右テグスで新たなビーズを 3個◇◇◇ 通します。
  3個目(27)のビーズで左テグスを
交差 させます。

テグスが交差する度に左右のテグスは逆になります。
右に出たテグスは右手に持ち替え、左に出たテグスは左手に持ち替えます。
また、交差の度にテグスを絞ります。
隣り合ったビーズに隙間が空かない様に注意します。
原則として、過去のビーズは「左テグス」ですくいます。(復習)

次は 「 モチーフI〜L 」 を作ります。

12. 左テグスでビーズ(9・11)の 2個 をすくいます。
  右テグスに新たなビーズを 2個◇◇ を通し、
  2個目(29)で左テグスを交差させます。(Iモチーフ)


13. 左テグスでビーズ(12・14)の 2個 をすくいます。
  右テグスに新たなビーズを 2個◇◇ を通し、
  2個目(31)で左テグスを交差させます。(Jモチーフ)


14. 左テグスでビーズ(15・17)の 2個 をすくいます。
  右テグスに新たなビーズを 2個◇◇ を通し、
  2個目(33)で左テグスを交差させます。(Kモチーフ)


15. 左テグスでビーズ(18・20)の 2個 をすくいます。
  右テグスに新たなビーズを 2個◇◇ を通し、
  2個目(35)で左テグスを交差させます。(Lモチーフ)


I〜Lモチーフの作業は全く同じ事を繰り返しているのが分りますか?
またHモチーフとの違いが分りますか?
5回目 一周の初めと終り定義を当てはめてみましょう!(復習)
それでは回り終わりの 「 最後のモチーフMを作ります。

16. 左テグスでビーズ(21・23・25)の 3個 をすくいます。
  右テグスに新たなビーズを 1個◇ を通し、
  その1個(36)で左テグスを交差させます。


bemo6-550yrncam.jpg bemo6556yrna.jpg
二段目の作成説明図        二段目の完成図 

ここで改めて「半分白」のビーズを見て下さい。
二段目を始める時12個あった基礎のビーズは二段目を完成させた後、6個となりました。
この6個は、三段目の基礎となるビーズです。
つまり・・・「モチーフのかたまり」は狭まったのです。

ビーズモチーフはその組み合わせを変えるだけで自由自在に広げる事も狭める事も出来ます。
以前の6回目 テグスの運び7回目 テグスの運び2 では モチーフを広げる 作業 をしました。
そして今回 テグスの運び3 では モチーフを狭める 作業 をしたのです。

では どうしたらモチーフは自由自在に広げたり狭めたり出来るのでしょう?
前回 10回目 モチーフの広げ方 では、
「広げる場合」と「広げない場合」について少し おべんきょう しましたが、
次回は「広げる場合」「広げない場合」「狭める場合」の原理を
モチーフの柱 をキーワードにして・・・・

モチーフの柱と床と天井 」 を おべんきよう します。
お楽しみに!
posted by KANCHI at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズマスコット教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

ビーズマスコット「こだわり本」

ビーズマスコットを作るなら
先ずは沢山の作品を見る事から始めましょう!
今日はこだわりビーズの本をご紹介します。
  
ちょっと大人な感じですぅ。


posted by KANCHI at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズマスコット本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ビーズマスコット「モチーフ11」

ビーズマスコットを自分で自由自在に作れたら楽しいと思いませんか?
そんな貴方の夢を適えるお手伝いサイトです。
ビーズモチーフのおべんきょう<その11>です。

これまでのMENU 「 順番に見てね! 」
 1回目 モチーフを知る
 2回目 モチーフの繋げ方の基本
 3回目 モチーフを繋げる
 4回目 モチーフの三角関係
 5回目 モチーフ一周の初めと終り
 6回目 モチーフのテグスの運び
 7回目 モチーフのテグスの運び2
 8回目 モチーフの組み合わせ
 9回目 モチーフ2段目の基礎
10回目 モチーフの広げ方

今日はその11回目テーマは 「 モチーフの狭め方 」です。

これまでの おべんきょう を覚えていますか?
基礎モチーフAを六角形モチーフとしてその周りを一周する一段目を作る時、基礎モチーフA(六角形)の6個のビーズは全て左テグスですくい、新たに作ったモチーフの一部となる事が分りました。
それと同じ様に、二段目を作る時にも二段目の基礎となるビーズ(半分が白)があり、それらを左テグスですくいながら進めば、二段目で新たに作るモチーフの一部となる事が分ります。

ビーズモチーフの立体的な作品は、使用する全てのビーズがモチーフの一部となり、隣り合ったモチーフとの接点になる事で一つの作品となるのです。

そこで今日は・・・
基礎モチーフAを六角形、一段目モチーフB〜Gを全て五角形とした場合の「モチーフのかたまり」を使って、二段目を作って見ましょう!
bemo6-5rcns.jpg bemo-h6-5a.jpg bemo-h6-5-5b.jpg

                   一段目が完成した状態    二段目が完成した状態

一段目が完成した時、一旦はお碗の様に広がった「モチーフのかたまり」が二段目を作ると再び狭まった事が分ります。

この「モチーフのかたまり」の場合。
(基礎モチーフA=六角形・一段目B〜G=五角形)
二段目の基礎となるビーズ(半分白)は12個でした。
この12個二段目の基礎として二段目に五角形モチーフH〜Mを繋げて見ましよう!

bemo6-5rcns.jpg bemo6-550yrncam.jpg bemo6556yrna.jpg
二段目の基礎ビーズ(半分白)  二段目 作成説明図     二段目 完成図

ここで改めて「半分白」のビーズを見て下さい。
二段目を始める時12個あった基礎のビーズは二段目を完成させた後、6個となりました。この6個は、三段目の基礎となるビーズです。
つまり・・・「モチーフのかたまり」は狭まったのです。

ビーズモチーフはその組み合わせを変えるだけで自由自在に広げる事も狭める事も出来ます。
また 使用するビーズの形や大きさを変化させる事でも微妙な形を表現出来るのです。

次回は この 二段目の作業 を実際に行ってみましょう!

次回は 「 モチーフのテグスの運び3 」 を おべんきよう します。
お楽しみに!
posted by KANCHI at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズマスコット教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

ビーズマスコツト「レシピ本」

ビーズマスコットの作り方本は沢山あります。
でもベテランさんと初心者さんでは選ぶ「レシピ本」も違います。
比較的「初心者さん」に人気なのが「ビーズdeビーズ」です。
多くの作品(マスコットありアクセサリーあり)の中から自分に合った作品が選べます。
今日は「ビーズの作り方教室」をちょっとお休みして
「ビーズdeビーズ」をご紹介します。

最もポピュラーなビーズ雑誌です。
作品やレシピの他にもビーズ情報満載のレシピ本です。

次回は「KIYOKANCHIのビーズ作り方」おべんきょうの続きです。
お楽しみに!
posted by KANCHI at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズマスコット本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ビーズマスコット「モチーフ10」

ビーズマスコットの作り方「基礎」をご紹介しています。
モチーフのおべんきょう<その10>です。

これまでのMENU 「 順番に見てね! 」
1回目 モチーフを知る
2回目 モチーフの繋げ方の基本
3回目 モチーフを繋げる
4回目 モチーフの三角関係
5回目 モチーフ一周の初めと終り
6回目 モチーフのテグスの運び
7回目 モチーフのテグスの運び2
8回目 モチーフの組み合わせ
9回目 モチーフ2段目の基礎

今日はその10回目テーマは 「 モチーフの広げ方 」です。

前回は基礎モチーフAを六角形モチーフとして
その周りを一周する1段目が全て(B〜G)六角形モチーフの場合。
更に、五角形モチーフの場合。と 四角形モチーフの場合に2段目の基礎となるビーズの数がそれぞれ違う事を説明しました。
改めてそれぞれのモチーフ図を見てみましょう!
bemo6-6rc.jpgbemo6-5rc.jpgbemo6-4rc.jpg
半分が「白」で表現されているビーズは2段目の基礎となるビーズで
新たなモチーフを繋ぐ時は左テグスですくいながら進みます。

それでは実際にビーズで作ってみましょう!
それぞれの「モチーフのかたまり」はこんな形になります。

bemo-h6-6a.jpg bemo-h6-5a.jpg bemo-h6-4a.jpg
bemo-h6-6b.jpg bemo-h6-5b.jpg bemo-h6-4b.jpg

基礎モチーフAから比べると六角形モチーフを繋げた「モチーフのかたまり」(左)は大きく広がり、五角形モチーフを繋げた「モチーフのかたまり」(中)は緩やかに広がり、四角形モチーフを繋げた「モチーフのかたまり」(右)は広がっていない事が分ります。

それでは次にビーズを見ずに、モチーフの形だけを見てみましょう。
bemo800-6-6acn.jpgbemo800-6-5acn.jpgbemo800-6-4acn.jpg
それぞれの図を切り取って組み立てたらどんな形になるかを想像すれば、モチーフの広がりも理解できるはずです。

ですから・・・・
例えば六角形モチーフだけを一周繋げた時より狭く 五角形モチーフだけを一周繋げた時より広げたい場合は、基礎モチーフの周りを六角形五角形のモチーフを交互に繋げば良いですし、
例えば五角形モチーフだけを一周繋げた時より狭く 四角形モチーフだけを一周繋げた時より広げたい場合は、基礎モチーフの周りを五角形四角形モチーフを交互に繋げればいいのです。

bemo800-6-65acn.jpg     bemo800-6-54acn.jpg


更に・・・・・
例えば基礎モチーフAの上部を広げ、下部を広げたくない場合は
六角形五角形四角形モチーフを自由に組み合わせれば良いのです。( ほんの一例 )
bemo800-6-654acn.jpg


ビーズモチーフはその組み合わせを変えるだけで自由自在に広げる事が出来ます。
また 使用するビーズの形や大きさを変化させる事でも微妙な形を表現出来るのです。
そして・・・勿論!広げるだけでなく狭める事も出来ます。

次回は 「 モチーフの狭め方 」 を おべんきよう します。
お楽しみに!
posted by KANCHI at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズマスコット教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。