2007年06月08日

ビーズマスコット「モチーフ10」

ビーズマスコットの作り方「基礎」をご紹介しています。
モチーフのおべんきょう<その10>です。

これまでのMENU 「 順番に見てね! 」
1回目 モチーフを知る
2回目 モチーフの繋げ方の基本
3回目 モチーフを繋げる
4回目 モチーフの三角関係
5回目 モチーフ一周の初めと終り
6回目 モチーフのテグスの運び
7回目 モチーフのテグスの運び2
8回目 モチーフの組み合わせ
9回目 モチーフ2段目の基礎

今日はその10回目テーマは 「 モチーフの広げ方 」です。

前回は基礎モチーフAを六角形モチーフとして
その周りを一周する1段目が全て(B〜G)六角形モチーフの場合。
更に、五角形モチーフの場合。と 四角形モチーフの場合に2段目の基礎となるビーズの数がそれぞれ違う事を説明しました。
改めてそれぞれのモチーフ図を見てみましょう!
bemo6-6rc.jpgbemo6-5rc.jpgbemo6-4rc.jpg
半分が「白」で表現されているビーズは2段目の基礎となるビーズで
新たなモチーフを繋ぐ時は左テグスですくいながら進みます。

それでは実際にビーズで作ってみましょう!
それぞれの「モチーフのかたまり」はこんな形になります。

bemo-h6-6a.jpg bemo-h6-5a.jpg bemo-h6-4a.jpg
bemo-h6-6b.jpg bemo-h6-5b.jpg bemo-h6-4b.jpg

基礎モチーフAから比べると六角形モチーフを繋げた「モチーフのかたまり」(左)は大きく広がり、五角形モチーフを繋げた「モチーフのかたまり」(中)は緩やかに広がり、四角形モチーフを繋げた「モチーフのかたまり」(右)は広がっていない事が分ります。

それでは次にビーズを見ずに、モチーフの形だけを見てみましょう。
bemo800-6-6acn.jpgbemo800-6-5acn.jpgbemo800-6-4acn.jpg
それぞれの図を切り取って組み立てたらどんな形になるかを想像すれば、モチーフの広がりも理解できるはずです。

ですから・・・・
例えば六角形モチーフだけを一周繋げた時より狭く 五角形モチーフだけを一周繋げた時より広げたい場合は、基礎モチーフの周りを六角形五角形のモチーフを交互に繋げば良いですし、
例えば五角形モチーフだけを一周繋げた時より狭く 四角形モチーフだけを一周繋げた時より広げたい場合は、基礎モチーフの周りを五角形四角形モチーフを交互に繋げればいいのです。

bemo800-6-65acn.jpg     bemo800-6-54acn.jpg


更に・・・・・
例えば基礎モチーフAの上部を広げ、下部を広げたくない場合は
六角形五角形四角形モチーフを自由に組み合わせれば良いのです。( ほんの一例 )
bemo800-6-654acn.jpg


ビーズモチーフはその組み合わせを変えるだけで自由自在に広げる事が出来ます。
また 使用するビーズの形や大きさを変化させる事でも微妙な形を表現出来るのです。
そして・・・勿論!広げるだけでなく狭める事も出来ます。

次回は 「 モチーフの狭め方 」 を おべんきよう します。
お楽しみに!
posted by KANCHI at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズマスコット教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。